文系の就職活動と残業、アピール、社蓄

文系のNEETや就職活動に失敗した方へ送る採用される方法
トップ>>最終面接で海外転勤の話

最終面接で海外転勤の話

最終面接で海外出張はできますか?って聞かれる。
海外出張なんて訳ないが海外転勤が問題。
1年だけ頼むがいつの間にか3年、5年、10年…ってなる。

会社に入って思うのが海外出張で本当に必要なのはTOEICの点数じゃない。
生活力とか忍耐力とかそっちの方がずっと大事だ。
英語は馬鹿でも行けば最低限仕事で必要なレベルは自ずと身に入ってくるもんだし
大手では海外転勤の話、最終の役員面接で割りと聞かれるから下手な対応すると命取り。
担当者の面接では転勤はありませんって言ってたのに…。
海外行きたくありませんってやつは落ちるから。

トフルはガチで難しいからやめて・・・
トーイックは最低限の努力が出来るかどうかを見るテスト
トフルは英語の才能を見るテスト。
採用の基準として適当なのは前者だ。

adsence


Copyright(C)2016 文系の就職活動と残業、アピール、社蓄 All Rights Reserved.